ずとてのぺうくろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾、旅の記録-1:阿宗麺線

<<   作成日時 : 2010/01/26 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2010.1.09 Sat.

香港編が終わらないうちに台湾に行ってしまった。
こちらも忘れてしまわないうちにさっさと進めなきゃ。

画像


今回のエアーはチャイナエアライン。
色々と調べてみたが、朝行って夜帰るにはこの航空会社がベストだった。
どうせなら少しでも長く居たいからね。
CAの皆さんは美形でした。

桃園空港からは国光客運のバスで台北の駅へ。
空港からの風景は日本の地方と変わりないように思えたが、高速を降りてからは徐々に中華風の町並みに変わっていった。
台北でタクシーを拾い、西門町の成都大飯店にチェックイン。
成都はタクシーのおっちゃんの発音では「チョントー(尻上がり)」だった。
画像


それにしても台北のタクシー、周りのクルマとギリギリをすり抜けていく。
危うく接触するかと思わず「あわわ」と声が出たが、運ちゃん「ダイジョブー」と平気で飛ばしていく。
この「際際すり抜け運転法」には滞在中何度も腰を抜かしそうになった。
台湾でレンタカー借りてドライブなんて、絶対に出来ないな。

チェックイン後、ホテルのある西門町界隈へと繰り出す。
ガイドブックによれば日本の原宿のような若者の多い街とのこと。
なるほど、土曜の夕方とあって街は大変なにぎわい。

画像


出発前の天気予報では「雨」とのことで、低気圧連動型人間のK代はダウナー気味だったが、時間が経つにつれてどんどん晴れてきて暑いほどだった。

画像


朝食だか昼食だかわからない機内食しか食べていないので、予定どおり「阿宗麺線」から攻撃開始。
画像


カツオ節の出汁が効いたにゅうめん。

画像


店の前で立ち食いするのが流儀。

画像


人気のほどがうかがい知れます。

画像


具はかつお節とホルモン(大腸)だけ。レンゲしかないので流し込むようにしか食べられないのがちょっとだけ難儀だったが、やさしい味で誰でも食べやすいのではないだろうか。

ちなみに香菜(パクチー)はしっかり抜いてもらいました。
香菜がとても苦手なあなたも、筆談帳にあらかじめ
不要加香菜
と大きく書いてお店の人に見せましょう。

ちゃんと日本語のホームページもありました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台湾、旅の記録-1:阿宗麺線 ずとてのぺうくろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる