ずとてのぺうくろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾、旅の記録-5:台北101 その3

<<   作成日時 : 2010/01/28 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

建物が高いということはフロアーの面積も広いということ。地下のフードコートに降りると、広大な飲食スペースが広がっていて圧倒された。

画像


これはほんの一角。ありとあらゆる料理が用意されていてぐるっと見て回るだけで楽しい。ドリンクスタンドの前に腰を落ち着けて「マンゴシャーベット」を所望。時期的にマンゴーはあきらめていたが、マンゴの字を見て迷わず注文。

画像


あれです、マクドナルドとかにあるフローズンです。でもまあマンゴ味。

画像


続いて「珍珠女乃茶」を所望。日本でもたまに見かけるタピオカ入りミルクティー。上から見ただけではタピオカはわからない。

画像


もちもち、きゅっきゅっというタピオカの食感が楽しい。タピオカだけ見るとグロいような気もするが気にしない。

画像


どのお店も清潔感にあふれている。中国語が聞こえてこなければ日本のショッピングセンターにいるみたいだ。

画像


うろうろしているとスーパーを発見。スーパー探索に目がない我が夫婦は喜び勇んで乱入。
画像


台湾ではリンゴは高級品。日本のリンゴなんてブランド物だそうだ。

画像


こちらはアメリカ産。

画像


ざくろ、だよね?

画像


ガヴァ。

画像


何か知らんが、こういうのを眺めるのが楽しいのです。

画像

画像


このあとは、日本語の達者なおばさんに捕まってウーロン茶とパイナップルケーキを買わされた。かなり良い値段だったから躊躇したが、あまりの日本語のうまさに負けてしまった。中津に20年住んでたとか。
というわけで次はいよいよ夜市に突入します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ちわっす。
アメリカ産のりんごの次はザクロじゃなかったですね。中国語かどうかわかりませんが、漢字は釈迦頭です。ベトナム語ではマンカウで、sugar appleと英訳されてます。味は青りんごに似てるかもしれないけど、食感は見た目同様かなりユニーク。
ちなみにベトナムでマンカウ・シーム(シャム=タイのマンカウ)という釈迦頭の3倍くらいの大きさの果物は、まったく外観が違うのですが確かに味は同類です。
両方好きだけどマンカウ・シームの方がさわやかな酸味があって、ちょっと高いけどよりおいしいかと存じます。
たらひな
2010/01/29 13:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台湾、旅の記録-5:台北101 その3 ずとてのぺうくろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる